神戸~大阪間、いわゆる「阪神間」では明治末期から昭和初期にかけて、
「阪神間モダニズム」と呼ばれるモダンにして豊かな郊外文化が花開きました。

県政150周年を迎える今年、現代日本人の生活意識、生活様式の原型を形づくるうえで大きな役割を果たした
この阪神間モダニズムにスポットライトを当て
その歴史的、今日的意義を理解する為、下記のセミナーとアート・ステージを
国登録有形文化財でもある武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)で開催します。

武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)

オープニング・ステージ

  • ◇「天才音楽家貴志康一の軌跡」 スライド・朗読

  • ◇「モダニズムの世界表現-華道・音楽の融合パフォーマンス」

    小原流 小原 宏貴 家元(甲南学園OB) × ヴァイオリニスト 山中 裕平 氏(甲南学園OB)
    ピアニスト 藤波 結花 氏

小原流 小原 宏貴 家元、ヴァイオリニスト 山中 裕平氏

プレゼンテーション

  • ◇「夢かなう郊外住宅地、花開くおもてなし文化-ホテル・スイーツ-

    武庫川女子大学生活環境学部 三宅 正弘 准教授

  • ◇「近代いけばなと阪神間モダニズム」

    小原流 小原 宏貴 家元(甲南学園OB:大正大学客員教授)

  • ◇「西宮えびす-阪神間モダニズムの精神的源泉-」

    明石工業高等専門学校 荒川 裕紀 准教授(甲南学園OB:西宮神社十日戎開門神事講社理事)

武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル)

パネル・ディスカッション

  • ◇「阪神地域の未来-ライフスタイル・文化」

    コーディネーター 関西学院大学総合政策学部 角野 幸博 教授
    パネリスト 三宅准教授、小原家元、荒川准教授
    鹿児島国際大学経済学部 定藤 博子 講師(初代宝塚市観光大使:甲南女子学園・関西学院大学OB)

    ショートプレゼンテーション「阪神間モダニズムにおける外国人の活躍」

    有馬温泉旅館「陶泉 御所坊」 金井 良宮(カナイ ラミヤ) ブランドマネージャー(クールジャパン・アンバサダー)
【開催日時】平成30年2月14日(水)14:15~17:45
【開催場所】武庫川女子大学甲子園会館(旧甲子園ホテル:国登録有形文化財)
〒663-8121 西宮市戸崎町1-13
【共  催】兵庫県、武庫川女子大学、学校法人 甲南学園
【協  力】関西学院大学   
【定  員】150名
【問合せ先】県政150周年記念地域創生セミナー 阪神間モダニズム運営事務局(Kiss FM KOBE内)
TEL 078-322-0899(平日/10:00~18:00)
/FAX 078-322-1008

◇ セミナーへのご参加方法 ◇

誠に申し訳ありません。
当セミナーはお申込みが規定人数に達したため受け付けを締め切らせていただきました。
多数のお申込み有難うございました。